風俗をより楽しむための特集ページ3

風俗をより楽しむための特集ページ、今回の特集は「性病について」です。

風俗利用するなら特に心配になるのが「性病」だと思います。

楽しい風俗利用のために、風俗悩み相談室が性病に対する皆様の疑問をスッキリ解決し、良質の情報をご提供します!

風俗特集ページ:バックナンバー

風俗をより楽しむための特集ページ一覧です。

  1. 風俗利用者による実体験談
  2. アダルトグッズの紹介と利用法
  3. 性病について
  4. 風俗嬢への気配り
  5. 全国地域別の風俗街
  6. デリヘル嬢の性感帯NEW

性病について

皆さんもご存知のように、風俗利用には必ずと言っていいほど「性病」という不安がつきまとっています。
では、その性病とは一体どういう病気で、かかるとどうなってしまうのか?かからないためにはどのような対策を取ればいいのか?

なんとなく「これをしたらダメ」「あれをするとアウト」などぼんやりとした知識はあるものの、実はまだ性病ってよく分からない…。
そんな人のために、風俗悩み相談室が思い切って「性病」についての特集ページを組みました!
このページで今までの不安や悩みをスッキリ解決させましょう!

性病と性感染症

時代が進むにつれて性病の感染率や低年齢化も進み、もはや性病は誰もが知る代表的な感染症の一つとなりました。

しかし私たちが普段よく使っている「性病」という言葉、これ実は一般的に使われているだけであって、正しくは「性行為感染症(性感染症)」と呼ぶんだそうです。このページでは伝わりやすいように敢えて「性病」としています。

以下に代表的な性病を挙げてみました。聞き慣れなたものから初めて聞くものまで…、とにかくこれが一部だということに性病の恐ろしさを感じます。

淋病クラミジア感染症性器ヘルペス毛じらみ
エイズ・HIV尖圭コンジローム梅毒膣カンジタ菌
トリコモナスB型肝炎C型肝炎疥癬
軟性下疳鼠径リンパ肉芽腫etc...etc...

性病の感染経路と症状

性病にも数多くの種類がありますが、中でも風俗利用をするに当たって注意しておきたい性病の感染経路と症状をまとめました。

性病感染経路症状
淋病
(淋菌による性感染症)
性行為・オーラルセックスでの感染や、出産時の母子感染などの例がある。 尿道炎を引き起こす。重度の症状になると精巣上体炎などを起こす例もある。排尿の際の痛みや排膿などで気付くパターンが多い。
クラミジア感染症
(クラミジア・トラコマチスによる性感染症)
粘膜により感染。男性の場合は咽頭や尿道などに感染する。キスもディープキスなら感染の可能性が強まる。 軽い排尿痛や透明な膿を出すなどの症状が感染後数週間で発症するも、自覚症状が無い場合も多い。咽頭に感染すれば痛みや痰などが出る場合もある。
性器ヘルペス
(単純ヘルペスウイルスによる性感染症)
性行為・オーラルセックスにより感染する。感染率は非常に高く、男女ともトップ3に入るほど。 感染後一週間前後で唇や性器(男性の場合は亀頭、包皮、陰茎、付け根など)に水泡を形成。やがて潰れてカサブタを作り治癒していく。痛みがあるのが特徴。
毛じらみ
(毛じらみという吸血昆虫による性感染症)
タオルや寝具の共有などで感染することもあるが、大半は保有者との性行為一般による感染。 感染後1〜2か月で陰毛付近に激しい痒みを感じることで発覚する。程度には個人差があり、痒みがあまり気にならない人もいる。
梅毒
(梅毒トレポネーマによる性感染症)
性行為やオーラルセックスが主な感染経路だが、細かな傷口などからも入り込み血液中に感染する。 感染後1週間〜2か月ぐらいで第1期症状である「感染部位の硬結」が診られる。その後硬結は自然と治る場合もあるが完治したわけではなく、その数1か月後くらいには第2期症状と呼ばれる発熱、関節痛、全身性発疹などの症状を引き起こし始める。
HIV
(ヒト免疫不全ウイルス・と呼ばれるウイルス)
粘膜、血液、母乳などから感染する。目には見えない細かな傷からも感染する場合がある。 感染して数週間程度で風邪に似た症状が出ることもが、無症状の場合もある。その後体内でHIV抗体が作られ、ウイルスへの攻撃を繰り返す数年の抑制期に入る。
エイズ
(HIVによる後天性免疫不全症候群)
HIV参照。 HIV感染から数年をかけて発症。発熱、下痢、体重減少などの症状が現れたり、体の免疫力が著しく低下したことによる合併症などの危険性が高まる。

性病対策の一例

風俗利用するために、出来る限りの性病対策は行っておきましょう。
性病 対策に100%はありませんが、全くしないのとできる限りの対策を取っておくのとでは感染のリスクも変わってきます。以下は一例ですが、ぜひ実行してください。

性病対策その@ コンドームを付ける

これは何と言っても禁欲以外の最大の予防です。
生フェラを売りにしている風俗店もあるでしょうが、我慢できるのならコンドームを付けた方が予防になります。性病は咽頭にも感染しますので、相手の女性が保菌者だった場合、舐められた側の男性にも感染の危険性があります。

性病対策そのA 同時期に不特定多数とのプレイはしない

風俗を連続で利用したり、複数の風俗嬢とほぼ同時期にプレイをするのは性病の危険性も高まるほか、もし感染した場合の感染経路等の特定が困難になります。
感染症には潜伏期間というものがあり、必ずしも症状がすぐに現れるわけではありません。感染経路が分からなければ更なる被害拡大にもつながってしまいます。短期間での無茶な風俗利用は避けましょう。

性病対策そのB 不衛生な場所でのプレイは避ける

店内がなんとなく不潔に思えたり、女性が何となく不衛生に感じられるなど、店の衛生面に気を配れていない風俗店は利用するのをやめましょう。衛生・清潔は基本中の基本です。

性病かな?と思ったら…

少しでも疑わしき症状が出た場合、速やかに病院(性病科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、眼科、婦人科(女性)等)に行ってください。自分だけならまだしも、知らない間に自らが感染源となってしまうことも考えられます。

最近は写真付きで性病を解説しているホームページもあるので、時間がないときにはまずそこでチェックしてみるのも良いかもしれません。しかし安易な自己診断はせずに、怪しいなと思ったらすぐに病院に行きましょう!

全国のデリヘル嬢を写真でチェック!

全国のデリヘル店やデリヘル嬢を素早く検索できる情報サイトの決定版!
可愛いデリヘル嬢写真からじっくり選べて、お得なクーポン情報も満載です。

デリヘル

免責事項

当サイトは風俗に関する情報を取り扱っておりますが、内容についての真偽や風俗の安全性を保障するものではありません。当サイト内の閲覧やご利用は、全てご自身の判断と責任のもと行って頂くようお願い申し上げます。またリンク先サイトでのいかなるトラブルにおいても当サイトでは責任を負いかねます。リンク先サイトの閲覧もご自身の判断で行って頂くよう固くお願い申し上げます。